ニュースリリース

2017年06月14日

教学IRセミナー「内部質保証の実現をめざして」のご案内


 学校法人河合塾では、大学教職員・高校教員を対象とした教学IR※1セミナー「内部質保証※2の実現をめざして」を7月8日(土)に開催いたします。

 3月に中央教育審議会に諮問された「我が国の高等教育に関する将来構想について」では、変化の激しい現代社会の中で、高等教育機関が人材育成において一層重要な役割を果たすことが求められています。このような状況において、IRの果たす役割は教育の質保証において非常に重要です。
 大学関係者を主対象とした本セミナーは、教学IRが果たす役割の重要性や、教学 IR促進に伴う課題について共有し、今後の各大学でのIRの進展および、それに基づく内部質保証の構築・実現に資することを目的に開催します。
 具体的には、教学IRに関する全般的なご講演のほか、2大学の事例も紹介します。講演者と参加者による質疑応答・討論も行います。これからの大学教育において大きな役割を果たす教学IRについてご理解いただくとともに、実際の大学の取り組みを知るまたとない機会となります。

※1:IR(Institutional Research/機関調査)…大学内にある客観的なデータを集め、それに基づいた意思決定を行うこと。学内にある財務、教育など多様な情報を一元的に収集し、分析することで、大学としての計画の立案や意思決定などを速やかに行うことができるようにする組織を作る大学が増えている。しかし、まだ過渡期にあり、IRを担当する部門・人材、具体的に取り組む内容、収集・分析したデータをどのように活用するかについての模索が続いている。

※2:内部質保証…PDCAサイクル等を適切に機能させることによって、大学教育の質の保証および向上を図り、教育、学習等が適切な水準にあることを大学自らの責任で説明し、証明していく学内の恒常的・継続的プロセス。


教学IRセミナー「内部質保証の実現をめざして」
■日時 2017年7月8日(土)13:30~16:40
■場所 TKPガーデンシティ竹橋 大ホール(2階)  
 〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-2-2
■対象 大学教職員・高校教員
■プログラム
 第1部 13:30~15:30
 「内部質保証システムを動かすためのIR」
 茨城大学 全学教育機構 総合教育企画部門(AP事業室) 嶌田敏行准教授
 「佐賀大学版IRの展開」
 佐賀大学 総務部企画評価課係長(IR主担当) 末次剛健志氏
 「教学データをいかに活用するか:共愛学園前橋国際大学の取り組み」
 共愛学園前橋国際大学 特任研究員(AP事業推進担当) 佐藤賢輔氏
 第2部 15:30~15:50
 「河合塾グループとしての各大学へのご支援」
 第3部 15:50~16:35
 質疑応答・総合討論
■内容の詳細・お申し込みはホームページをご確認ください。
 URL www.kawai-juku.ac.jp/jues/seminar.html

報道関係者向け取材お申し込み・お問い合わせ先

学校法人 河合塾 経営戦略担当
〒171-0022 東京都豊島区南池袋2-49-7 池袋パークビル
TEL:03-6811-5508
E-MAIL:press@kawaijuku.jp

※お問い合わせの際にいただく個人情報をもとに各種ニュースを配信させていただくことがございます。

このページの先頭へ