サービス案内

MEPLO

対象: 中学生 , 高校生
カテゴリ: 塾・予備校

『学ぶという行為・知ろうとする意志』⇒『学ぶことによって獲得される知識』⇒『知識によって磨かれた言語・論理』⇒…。

この循環によって、問題解決のために思考する力が鍛えられ、論理的に説明する力が身につく。これがMEPLOの語源となった“知のサイクル”です。単に東大入試を突破するためではなく、主体的に学び、社会の各分野で創造的役割を果たす人へと成長していく力(=“知のサイクル”)を養うため、深みのある学問が追求できる場がMEPLOなのです。

MEPLOのサイトへ

地区

  • 北海道
  • 東北
  • 関東・甲信越
  • 東海・北陸
  • 近畿
  • 中・四国
  • 九州・沖縄

資料請求

めざすもの

MEPLOでは中学2年生以降、年1回、学年が上がるときに進級テストを実施しています。また、高校生になると、MEPLOでは英語だけを受講していても進級テストでは数学も受験しなければなりませんが、進級テストの出題範囲は、学校で当然やっているであろう範囲から出題しています。これは、学校での学習があって、塾での勉強があると考えているからです。学校での学習がきちんとできていることがMEPLOに通う条件というスタンスなのです。進級テストの実施で生徒たちはコツコツと勉強し、結果的にそれが東大の合格実績に結びついています。

我々スタッフの思い

中高一貫校で先取り学習をしている生徒も通常の高校生の塾では公立中学卒の生徒と足並みをそろえなければなりません。MEPLOでは中学受験で得たリードを有効に利用できるカリキュラム設定をしています。高校生になって、あわてて猛勉強するよりも、6年間を見通して中学生のうちから少しずつ学力を積み上げるほうが、結果につながりやすいと考えています。また、大学受験までの6年間の全体像が見えている講師が中学生の指導にあたることの意味は大きいとも考えています。

基本情報

対象 中高一貫校に通う中1生~高3生
拠点 池袋・本郷・渋谷・横浜
主催 株式会社 河合塾進学研究社(本郷教室は学校法人河合塾)
特長 ・知的好奇心を満足させる学習を可能にするプロ講師
・東大入試の枠を越えた学力養成を可能にするオリジナル教材
・学校と塾の両立を可能にするフォロー体制
・同じ目標に向かって切磋琢磨を可能にするトップレベル生集団
・東大入試現役合格に向けた進学指導を可能にする情報分析力
目的 最近の中高生を見ていると、「暗記だけの学習」や「問題を手当たり次第に解くだけの演習」といった“受動的な勉強”スタイルの生徒が増えているように思います。しかしながら、東大のアドミッションポリシーや入試の仕組みを見てわかるように、“主体的な学習”スタイルへの切り替えが重要なのです。MEPLOでは生徒一人ひとりの創造力・思考力を高め、自らに打ち勝ち問題を解決するプロセスが身につくように指導することで、この“主体的な学習”スタイルの確立を実現しています。
実績、利用者の声 合格者の声
その他特記事項 お問い合わせはMEPLOまでお願いいたします。
首都圏MEPLO

このページの先頭へ