サービス案内

学びみらいPASS

高校生を対象として2016年よりスタートした『学びみらいPASS』では、4つの異なるアセスメントテスト結果を統合し、「新しい学力」を多面的に測定します。変化が激しく“正解”がひとつではない時代だからこそ、自分の頭で考え抜くことや、常に新たな知識・経験を身につけ続けることが重要です。『学びみらいPASS』は、これからの時代を生きるために必要な基礎・土台となる能力や態度・姿勢を身につけていくきっかけを作ります。

学びみらいPASSのサイトへ

我々スタッフの思い

【for Students】
勉強が出来る/出来ないだけでなく、自分の様々な可能性を知って欲しい。そして将来に対してぼんやりとでも向き合い始めて欲しい。それが自分の未来をきっと充実したものにします。学びみらいPASSはキミ達が知っている単なる「テスト」ではなく、将来の自分を創るきっかけとなるものです。

【for Teachers】
大学での学びを実り豊かなものにするだけでなく、その先を見据えて生徒に合った指導を可能とする、学びみらいPASSはその為のツールになります。今まで先生方が経験則から導き出してきた生徒の「個性」を可視化し、それを育成するための手助けをすると共に、より深い指導を可能にします。

なりたち

河合塾と株式会社リアセックは、大学生のジェネリックスキル(社会で求められる汎用的な能力・態度・志向)を測定する『PROG』を共同開発し2012年にリリースしました。そして2016年、高大連携と入試改革の流れを受け、新たに高校・大学から社会へとつながる教育改革の協働プロジェクトとして『学びみらいPASS』を開発しました。

基本情報

対象 高等学校の先生方
拠点 東京
主催 学校法人 河合塾/株式会社 リアセック
特長 学びみらいPASSでは「教科学力」に加え、「知識を活用して問題を解決する力(リテラシー)」と「人と自分にベストな関係をもたらそうとする力(コンピテンシー)」を測定し「学力の3要素」を可視化すると共に、日々の学びを支える「キャリア意識」や「学習生活パターン」を可視化します。
また受験後には、生徒の自覚を促すことを目的としたワークを交えた参加型の「生徒向け解説会」の実施、データから見る学校の特長・課題を解説する「教員向け解説会」など各種のアフタープログラムも用意しています。

このページの先頭へ