サービス案内

PROG

対象: 大学関係者
カテゴリ: 大学支援

PROG(Progress Report On Generic skills)とは、専攻や専門に関わらず、大卒者として社会で求められる汎用的な能力・態度・志向―ジェネリックスキルを評価・育成するためのプログラムです。PROGでは、ジェネリックスキルを客観的に測定する「PROGテスト」、およびテスト結果の活用をサポートする「個人報告書」「解説の手引き」「動画解説」、さらにジェネリックスキルの向上を支援する「育成教材」「授業企画」などの育成プログラムを提供しています。

PROGのサイトへ

めざすもの

予備校の枠を超え、総合教育機関として、大学や大学生の成長を支援していく情報を発信していくこと。そして産業界と教育界をつなぎ、人材育成に関するメソッドや言語を共有化して、一体的な取り組みの流れをつくることをめざしています。

我々スタッフの思い

大学での学びが大きく変化する中、PROGで大学を変え、PROGを通じてジェネリックスキルを身につけた人材たちが日本の未来の活力そのものになっていくこと。それが私たちの究極の目標です。

基本情報

対象 大学関係者
拠点 東京
主催 学校法人 河合塾/株式会社 リアセック
特長 ●PROGテストには「リテラシーテスト」と「コンピテンシーテスト」の2つがセットされています。知識を活用して問題解決する力(リテラシー)と経験を積むことで身についた行動特性(コンピテンシー)の2つの観点でジェネリックスキルを測定します。

●PROGテストは、現実的な場面を想定して作成されています。知識の有無を問うものや自己診断的なものが多かった従来のテストと異なり、実際に知識を活用して問題を解決することができるか(リテラシーテスト)、実際にどのように行動するのか(コンピテンシーテスト)を測定します。
目的 近年、大学の大衆化・ユニバーサル化により多様な学生が大学へ進学しています。一方、変化の激しいグローバル化した社会・産業界からは"実社会で活躍できる人材”が強く求められています。
このような状況の中、現代の高等教育においては、専門的な知識の習得とともに、社会人として活躍できる能力(ジェネリックスキル)の向上が求められています。
株式会社リアセックと学校法人河合塾が共同開発したPROGは、学生のジェネリックスキルの成長を客観的なテストで評価するだけでなく、その後の育成を支援するためのプログラムです。PROGのめざすものは、大学の教育力とこれから社会で活躍する学生の成長の支援です。

このページの先頭へ